Support / よくあるご質問

【Bop Pad】

BopPadを使う時にはコンピューターが必要ですか?

別売のMIDI Expanderを使えば、5ピンMIDI端子のある機器に接続して使えます。ただし、BopPadにはUSBポートが1個しかないので、接続できる機器はコンピューターか5ピンMIDI端子のある機器の“いずれか一方のみ”になります。

 

BopPadの演奏には何が使えますか?

BopPadはドラム・スティックやマレット、素手、その他、様々なものを使って演奏できます!

 

BopPadからノート・データが送信されたままになっています。故障でしょうか?

BopPadは、電源投入時に短時間、キャリブレーションを行います。この間、どのセンサーにも手を触れないようにすることが肝心です。センサーに圧力を加えると、ノートが鳴りっぱなしになる場合がありますが、電源を入れ直せば正常な状態に戻ります。エディタからファームウェアをインストールし直してハードウェアの不具合を治すこともできます。

任意のMIDIチャンネルからReset all controls(CC121)のメッセージをBopPadに送信すると、短時間にキャリブレーションの再設定が行われます。また、任意のMIDIチャンネルからAll sounds off(CC120)のメッセージを送信すると、全ての打面から全てのノートに対してノート・オフのメッセージが送信されます。

 

BopPadを接続しましたが、音が出ません。どこが悪いのでしょうか?

BopPadはMIDIコントローラーで、本体だけでは音が出ません。音の代わりにMIDIメッセージを送信して、それによって外部のソフトウェアやハードウェアの音源を鳴らします。些細な違いかもしれませんが、理解しておくべき重要事項でもあります。

MIDIメッセージを受信できるオーディオ・ソフトウェアを起動してみてください。ソフトウェアによっては、そのまますぐにBopPadで音が出せるものもあります。とはいえ、接続したMIDI機器に反応するために何段階かの設定作業が必要なものもあります。その場合は、ソフトウェアの取扱説明書を参照してください。

 

複数のBopPadを同時に使用できますか?

動作状況を把握できる限り、何台でも同時使用できます。それには、コントロールするソフトウェアやハードウェアが混乱するのを避けるために、個々の機器がそれぞれ別のMIDIチャンネルでデータを送信したり、異なるノート・データやコントロール・メッセージを送信したりするように、プリセットを変えておくと良いでしょう。

 

BopPadを載せるシンバル・スタンドでお勧めのものはありますか?

ポストの径が8mmの標準的なシンバル・スタンドなら使えます。パールの練習スタンド(SD-7S ¥4,500(税抜)がおすすめです。

 

BopPadから予期せぬメッセージが送信されます。壊れてしまったのでしょうか?

BopPadは平らな台に乗せるか、スタンドに乗せて使うようにしてください。あとはGlobal sensitivityやQuadrant sensitivityを調節したり、Crosstalk CancellationをEnabledに設定したりする必要があるかもしれません。

 

モバイル機器にはどうやって接続すれば良いのでしょうか?

iOS機器との接続には、Apple純正のLightning to USB3 カメラアダプターをお勧めします。Android機器との接続には、USB OTG対応のケーブルを使用してください。